皮膚病について

(今後、内容を充実させていきます。)

ウイルス性疣贅(イボ) 病型はHPV型によって決定されます。尋常性疣贅はもっとも多いタイプで、HPV 2/27,57、扁平疣贅は 3/10、ミルメシアはHPV1となっています。お子様の治療では、極力、痛みに配慮しています。

毛細血管拡張性肉芽腫

DSC 0460

外傷などを契機として、治癒過程で毛細血管が反応性に増殖する疾患で、顔面、頭部、四肢に好発します。凍結療法、結紮療法、切除、炭酸ガスレーザーなどで治療します。悪性黒色腫と鑑別が必要になることもあります。


陥入爪、巻き爪 初診時には二次感染を伴っていることが多く、痛みを訴えて受診されます。まず二次感染をコントロール後、テーピング、綿花法、爪甲と爪郭の位置関係を矯正し、難治例には形状記憶合金(ワイヤー法)、炭酸ガスレーザーによる爪アイロン法で対応しています。

アトピー性皮膚炎 (記載中)

© 河原皮膚科医院 2018